美容整形について

 

 

美容整形は、正式名称を美容外科と言いその名前の通り医療行為であり、その手術を美容外科手術と言います。名前を見ると手術とついており、半永久的な効果を期待できそうですが、全ての方法が元に戻らないわけではなく元に戻りやすい手術もあります。特に戻ると言われているのがアンチエイジング系の美容整形です。アンチエイジング系の手術では体内に入れても異物として認識されない成分を用いた手術が行われます。

 

特にメジャーな方法がヒアルロン酸を用いた注射ですが、このヒアルロン酸は、時間が経つと体内に吸収されていきますので、術後から時間がたてばたつほど元に戻っていきます。元に戻るスピードは個人差がありますし、手術を行ったクリニックや価格によっても異なってきますがだいたい1年程度で完全に体内に吸収されて元に戻ると言われています。

 

また、一番メジャーな目の整形手術も元に戻る可能性があります。特にメジャーである二重まぶたの整形はメスを使用しない埋没法と呼ばれる方法で手術を行った場合、半数程度は元に戻ると言われています。この手術方法はまぶたを二つに折り曲げて糸で止める手術方法のため、まぶたが元に戻ろうとする力が強い方は糸が切れてしまい元に戻ってしまう可能性が高いのです。

 

また、目を大きく見せるために行われる目頭切開や目尻の切開も少なからず元に戻ります。この手術は目頭や目尻を、メスで切る整形手術ですので一見、元に戻らないように思えますが、皮膚を一部分だけ切り取ったあと皮膚を寄せて、糸で縫い合わせた状態です。そのため、糸で縫い合わせた部分はもちろん引っ付きますが、それ以外にも、切り取った部分の皮膚が再生しようとする力が強ければ、術後よりは元の形に近づくことになります。とはいえ、これは自然な状態に近づくということですので見た目の違和感は年々なくなっていくと言い換えることも出来ます。

 

このように美容整形は、何年か経つと元に戻ってしまうものもありますので内容をしっかり理解し手術を受けることをおすすめします。

いつからできるのか?

 

美容整形した部分の今後についての話

 

美容整形は美容の問題を解決できる効果的な方法ですが、このような治療法はいつから受けられるのか疑問に持つ方がいます。
このような治療法は特に年齢の制限はありませんが、基本的に小学生あたりから治療を受けることができます。
ただし年齢が若いほど受けられる治療法に制限を受けるため、本格的な整形をしたいときはある程度待つ必要があります。

 

子供のころでも利用ができる治療法としては、あざやほくろなどの問題を解決するやり方があります。
このようなものは子供でも治療を受けられるので、美容整形で治療を受けても問題にはなりづらいです。
他の問題としては二重まぶたにしたい場合がりますが、まぶたの問題も小学生くらいの年齢ならば治療を受けられます。
人間の顔は子供の頃にある程度形が決まるので、顔の部分の整形は小学生でもできることがあります。

 

ただし骨格や女性のバストのような、成長とともに変わりやすい部分については子供は整形をすることはできません。
そういう所があるので美容整形の施術を受けるときは、年齢による利用の制限についてよく考える必要があります。
どういうものが受けられるかはクリニックの先生に相談をするとよく、そういう所の先生ならば適切なアドバイスをしてくれます。
またこのような治療は親の都合で受けさせてしまうことがありますけど、子供が嫌がる場合は無理に受けさせないほうがいいです。
このような治療法はメスやレーザーを使う方法なので、治療をする時にある程度のリスクがあります。

 

そのようなリスクを分かったうえで治療を受けないといけませんから、治療を受ける本人が納得をしない場合は受けさせないほうがいいです。
美容整形はいつから利用ができるかというと、子供でも利用ができるタイプもあるのでかなり早い段階で受けられます。
ただ骨格を変えるようなものや女性のバストのような、成長で変わるものに関してはある程度の歳にならないと受けられません。